読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルは良い意味で変わらないことが魅力。でんぱ組.incは奇跡のような存在だ

今年1月に行われた、でんぱ組.incのアリーナツアー。私は、18()幕張メッセイベントホールでの公演に行ってきました。

 

 

 

そこに行って感じたのは、でんぱ組.incがそのアットホームさを保ちながらどんどん成長している、奇跡のようなグループだということでした。

 

 

 

私は、でんぱ組.incのファンになって6年がたちます。6年前というと、でんぱ組.incがまだ5人だった時代で、6年前のクリスマスには原宿アストロホールにて初のワンマンライブが開催されていました。この、原宿アストロホールのキャパシティは約400名。

 

それに対して、幕張メッセイベントホールの収容人数はおよそ9000名です。さらに言えば、でんぱ組は2014年と今年1月の2回、日本武道館公演をしていますが、武道館はキャパ約14000人です。アストロホールと比べると、なんと35倍の広さです。ここまで大きなグループになったことは、ファン冥利に尽きます。

 

 

 

しかし、もっとすごいなと感じたのは、グループとして良い意味で変わっていないことです。

 

6年前、彼女たちのファンになったとき私は、ファンの人たちの暖かさや一体感、彼女たち自身がオタクながらもアイドルとして頑張っていることなどに魅了されました。それが、6年経った今でも、全く変わらないのです。

 

もちろん、彼女たちは6年間で大きく成長しました。昔のネガティブさもなくなって、アイドルとしてとても強さを感じられるような存在になりましたが、あのころの親しみやすさは失っておらず、そういった意味では変わっていなくてそこが魅力です。

 

また、ファンの皆さんもそうです。数万人規模になっても、相変わらずオタ芸をしたりコールしたり、ファン主導の企画だってあります。その暖かさはでんぱ組ならではの魅力だと感じました。

 

 

 

良さをここまで保ちつつ成長を続けているでんぱ組は、メンバーもファンも含め奇跡のような存在です。

 

夢は大きく、もっともっとビッグなグループになってほしいので、これからも応援し続けます!

 

TOKYO IDOL NET|東京アイドルネット